肺動脈性肺高血圧症及び先天性代謝異常症関連領域に関する契約研究助成の公募を開始

アクテリオン ファーマシューティカルズ ジャパン株式会社(本社:東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー:代表取締役社長 伊藤 博夫)、ジョンソン エンド ジョンソンの医薬品部門のヤンセンファーマ グループの一員である当社は、2018年11月6日付で肺高血圧症関連領域及び先天性代謝異常症関連領域に関する医学・薬学基礎研究に対する契約研究助成の公募を開始しました。

本助成制度は、日本の医療機関、研究機関で2019年に行われる研究を対象としており、申請の締め切りは12月10日となっております。研究提案はアクテリオン社の審査委員会による厳正な審査の上選定され、この領域を発展すると期待される研究に対し1件につき最大200万円の助成を行います。

アクテリオン社は肺動脈が障害される重篤な疾患である肺動脈高血圧治療薬開発に20年以上取り組んでおり、この分野を世界的にリードする製薬会社の一つとして認められています。

アクテリオン社では、この病気の複雑な分子メカニズムを研究し、医薬品を開発してきました。これにより患者様の予後は大きく改善され、この疾患に罹患している世界中の人々に影響を与えてきました。本助成制度は、この疾患領域における画期的なイノベーションを支援するための、アクテリオン社の取り組みの一つであります。

本助成制度の詳細につきましては、以下のリンクをご確認ください。
リンク先:契約研究助成制度のご案内

 

【アクテリオン社について】
アクテリオン社は2017年6月にジョンソン エンド ジョンソンの医薬品部門である ヤンセンファーマ グループの一員となりました。アクテリオン社は、有力かつ差別化された医薬品 と有望な開発段階の化合物 により、ヤンセンのポートフォリオを拡大し強化しました。 ヤンセンは肺高血圧を新たな重点領域に加えて、この重要な疾患領域においてアクテリオン社が築いてきた業界リーダーとしての立場を維持していきます。詳しくは、www.actelion.comをご覧ください。 または、Twitter (@actelion_com)をフォローしてください。

 

【本件に関するお問合せ先】
アクテリオン ファーマシューティカルズ ジャパン株式会社
契約研究助成事務局
E-mail :ra-jacap-act-japan[at]its.jnj.com ※[at]は@に読み替えてください。